お刺身よりも、焼いた魚の方が喜ばしいなと察する最近だ

周辺と居酒屋に行ってきたんですよ。
居酒屋と言っても昼間は定食屋になってるところで、アルコールは出してないんですけどね。

カツオノタタキ定食を頼んだんですけど、そこではお塩気をつけて食べるとうまいという勧めていました。
押しなべてたえずわさび醤油かポン酢で食べていたので、お塩気と言うのははじめてでした。
けれどもなんかちょい物足りない様子でしたね。
お塩気を味付けに取り扱うなら、タタキじゃなくてカツオステーキとして食べたいなと思いました。

と言うか最近はお刺身から、焼いたほうが好きなんですよ。
昔はお刺身があればゴハンドッサリ食べられるってくらいにびいきだったんですけどね、最近はなかなかさほど食べたいという思わないというか。
お刺身用の切身も、塩気こしょう振ってオリーブオイルで焼いて取るほうが旨いというようになってるんですよね。

逆に周辺は昔は生魚がまったくお釈迦で、取っ手ずしも食べたくないと言った様子だったのに、ここ数年はお刺身の美味しさに目覚めたとか言って、お寿司屋ちゃんを何かと食べ歩いているようです。

食べ歩行と言えば少し前に国道沿いに出来たカフェに寄ったんですよ。
そこで食べたベーグルが美味しかった。
装いは些か少な目かなと思うような容量なんですけど、ぎゅっと詰まったマテリアルでして、仲間も甚だ豊富になりました。
イチゴジャムって生クリームが添えられていて、これをつけて摂るんです。
英国のお茶会に出されるクロテッドクリームですね、これはスコーンにつけてましたけど、ベーグルにつけても美味しかった。

ベーグルなら家でも作ったことがありますが、何だか無駄に硬いでき上がりになっちゃうんですよね。
何が違うんだろう?エコカーを買う前にコチラをご覧ください!